仕事が早い人の特徴と習慣

出来る人に倣う、仕事の効率化

メンタルと仕事の関係

仕事の話になると必ずついて回るのが残業の話。
いかに効率良く仕事を進めるかがこの残業時間を減らすカギになりますが、社員が100人いれば100通りの進め方があるように誰もが同じスピードで仕事を片付けることが出来るとは限りません。
それを語る上では経験も重要になってきます。
10年のキャリアがあるベテランと1年目の新人とに仕事量の差が出るのは当然であり、後者が残業ばかりしていても責められることではありません。
しかし中堅の社員であればどうでしょうか。
新人から見れば先輩であり、手本とすべき存在である以上はそれなりの立ち振る舞いが求められます。
ベテラン社員に劣るのは仕方なくても、やはり残業に関してはなるべくしないよう効率良く仕事をしなければなりません。
残業ばかりしている先輩の姿を見て新人はどう思うのか、自分が新人の立場だった頃のことを考えてみましょう。
大抵の場合は、いくら残業しても良いと解釈するか呆れられるかのどちらかでしょう。

但し、残業の全てが悪であるということはありませんが、時には残業前提の仕事量をこなすことを求められることもあります。
こればかりは会社の責任と言わざるを得ません。
それでも理不尽なことに残業したことを責める会社も少なからずあります。
それをバネにしてやる気を増幅させる人もいれば、一気にやる気を無くす人もいるように、仕事が出来る人とそうでない人を比較した時、こうした反応一つでも分かってしまうことがあります。
仕事が出来る人になる為にも、まずは仕事が出来る人の特徴を倣う必要があります。
これで貴方も今日から仕事を効率良くこなすことの出来る人間の仲間入りです。

仕事が出来ることと残業

経験というものを除くと、仕事を効率良くこなす上で必要なのは何よりも気持ちの面です。 いくら能力を持っていてもやる気が無ければ本来のパフォーマンスを発揮することは難しいでしょう。 仕事となると実際に身体を動かさなければなりませんが、ただ動かすだけでなく頭の中でも考えておくことです。

無駄を省いてスピードアップ

仕事が早い、出来るということはある意味では無駄がないとも言えます。 いくら仕事が早くても、無駄な時間が多ければ結果的にその早さは掻き消されてしまいます。 同時に複数のことを行うことも、無駄を省くという意味では間違いではありません。 しかし本当の無駄はもっと身近なところに存在しています。

プレッシャーをバネに

仕事が出来ると周りから評価されることは決して悪いことではありません。 しかしそれがかえってプレッシャーになってしまうことも時にはあります。 そのプレッシャーをいかに受け流すことが出来るかどうかが問題となる為、最終的には本人の意識にかかってきます。