メリットとデメリットを理解して格安航空券を使おう!

- 格安航空券のメリット・デメリットのまとめ

新着情報

▶2016/03/24
格安航空券のメリット・デメリットのまとめの情報を更新しました。
▶2016/02/23
LCCで国内旅行するならオフシーズンがおすすめを新規投稿しました。
▶2016/02/23
LCCの遅延や欠航時の補償はあるのか?を新規投稿しました。
▶2016/02/23
クレジットカード決済で格安航空券を購入を新規投稿しました。
▶2016/02/23
ピーチ航空で格安航空券を買う方法を新規投稿しました。

格安航空券のメリット・デメリットのまとめ

LCCの一番のメリットといえば、格安航空券を最安値でゲットできる機会が多いことですね。
ただ、格安航空券の最安値を見つける方法を心得ておかないと、実際に予約の段階で、「思っていたより高いかも?」と感じる場合もあるでしょう。

LCCの最大限のメリットを活かすには、まずは予約の段階からシッカリと準備をしておく必要があります。
他にもチケットが安い代わりに自分で用意しておかなければならないものや、妥協する点もいくつかあります。
そういった点を踏まえたうえで、当サイトにて納得してLCCのチケットを購入する方法をアドバイスしていきます。


大手の格安航空券との違いとは?

ローコストキャリアから購入できる格安航空チケットならではのメリットといえば、片道チケットからでも安く手に入るというところです。
大手のチケットの場合は、片道よりも往復のほうが安いという逆のパターンになりますが、滞在日数の制限などいくつか欠点もあります。
ローコストキャリアの片道チケットは、ベスト格安航空券での購入のタイミングやキャンペーンの利用次第では、往復チケットよりも安くなることが多いのが魅力ですね。

また、購入の時点でどの便で出発予定がいつになるのかという情報が、すぐに分かるのもメリットです。
大手のチケットを旅行代理店やセールから入手しても、予約の段階では日程の詳細が確認できず、不便に感じる声も多くありました。
特に、かっちりと予定が決まっている旅行のスケジュールやビジネス目的には向いていなかったのです。
その点で、格安航空会社のチケットは早く運航スケジュールが把握できるため、旅行の直前になってフライト予定に合わせて旅行計画の変更を余儀なくされるリスクがありません。

ローコストキャリアを利用する前の準備・対策

「安くてお得」というイメージばかりが先行しがちな格安航空会社ですが、自分で万が一の準備を怠っていると、損をするリスクもあるのが事実です。
航空機の安全性には問題はないものの、レガシーキャリアでは当たり前だったきめ細かなサービスが無くなっているので、安い分ある程度の妥協は必要です。
しかし、自分で準備をしていれば特に必須でもありませんし、シンプルに移動手段として航空サービスを考えると、時に大きなデメリットというわけでもありません。

一番考慮するべきなのは、運航スケジュールの遅れや欠航が発生したときの対策です。
旅行の目的や緊急性によっては、そもそも大手の航空会社を利用したほうが安心な場合もあるでしょう。
チケットが安いという点ばかりにこだわらず、肝心の旅行の目的を損なわないために「万が一のときの保証をどれだけ期待しているか?」「航空サービスにどこまで妥協できるのか?」などの観点から慎重に検討しましょう。

万が一フライト予定が翌日以降に変更になった時のために、まず宿泊料金や食事代を多めに準備しておく対策も欠かせないでしょう。JALやANAなどレガシーキャリアではそれらもすべて負担してくれる場合が多いので、少なくとも金銭面では大きなデメリットはありませんでした。
しかし、ローコストキャリアではたとえ会社側に起因する理由で運航スケジュールに支障が出ても、良くて代替便の手配程度の対応しかできないのです。
格安航空会社の利用については、「無事に安く乗れればラッキー」くらいの気持ちで、ゆとりのあるときに利用したほうが良いでしょう。

国内旅行ならパッケージツアーもお得

エクスペディアやJTBなど大手旅行会社では、キャンペーンで宿泊料金とチケット代の両方込みで、激安セールを実施していることがあります。
余裕をもって事前予約をしておけば、年末年始や夏休みなどの繁忙期・旅行シーズンでもお得に国内旅行ができるケースもあります。

同じ路線と宿泊先を利用する場合でも、それぞれ自分で手配するより、何万円もお得になっているのは珍しくありません。
必要な経費は安く押さえつつ、自由に旅行を楽しみたい人にはうってつけですね。

便数も多いローコストキャリアなら、時間通りに搭乗できれば滞在時間たっぷりの日帰りで1万円以下のプチ旅行も、もっと気軽なものになるでしょう。
激安セールの対象になる路線・旅先は、どこでも好きなところを選べるというわけではありませんが、機会があれば興味のあるプランを探してみてはいかがでしょうか?
当サイトでは、このようなお得なチケットを手に入れる攻略法も述べていきます。